少女の水着の画像を見て興奮しました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

一番、興奮しやすいのは、そういうのを見るとそんな状態になりやすいですね。
私はM字開脚が好きです。
丸見えが好きだという人もいるでしょう。
それは、もうあれこれT話をすることのないのです。
私も逆さ撮りしたものは嫌いじゃないのです。
U15があると聞いていささか驚いてます。
そうなったらうれしいし、この胸ポチを見る機会は逃したくないよね。
本当にいいのなら、見つかるまで探すでしょう。
うっすらと生えている陰毛を隠せないはずです。
きっと、ワレメのことを想像するのって、とても楽しいのです。
お尻を見て興奮してしまったのです。
半脱ぎのところを危うくエッチされそうになったことがありました。
そもそも6歳に声をかける勇気がなかったのです。
胸元は大きな胸が谷間を作っていました。
盗撮されるのだけは嫌なので何とか出来たら助かります。
久しぶりに着てみたらサイズが小さくなっていたのです。
流出させることで悦びを感じたのです。
ジュニアアイドルを見るのを、ぎりぎりまで我慢しました。
サイズが小さすぎたため、おっぱいポロリしてしまったのです。
まるで他人事みたいに思えたのです。
それからは頻繁に、お尻を触ろうとするようになったのです。
個人撮影が出来そうになっていました。
流出させことで、爽快な気分になったのです。
ジュニアアイドルは見せつけるように足を立てながら座っていたのです。
そして、しばらく余韻に浸っていました。
まんこ食い込みが激しかったので引っ張って緩めました。
これまでのことは、忘れることにしようと決めたのです。
桃尻を見ているうちに触ってみたくなりました。
まさか接写するとは誰も思わないでしょう。
ヒップを触ったら、性欲が復活したのです。
その後も、話しをして、お互いの立場を理解しあったのです。
これでは、やってくださいっていっているみたいです。
いつもと一緒ではつまらないほど、淫乱になってました。
手ブラをしていたので思わず見てしまいました。
いい思い出だけを覚えておきたかったのです。
こんな豊満な子が同い年だと気付いたのです。
素朴な感じで、どちらかといえば好みでした。
10歳と話すことが、とても嬉しかったのです。
もちろん帰りは一緒に帰ることになり途中から1人になりました。
お互い普通では、出来ないことを望んでました。
胸が見えてきた辺りから、下心が出てきたのです。
今は、インスタグラムに何を投稿するか考えて頭が一杯なのです。
M字開脚するたびに興奮で体が震えました。
途中で動けなくなり座り込んでしまったのです。
まずは、欲望の赴くまま、エロいことをすることにしました。
ビキニから目を離さないようにしながら後をつけたのです。
セクシーな下着に着替えて遊びに行きました。
そして13歳の顔を見つめたのです。
あまりにもグラマーな体を前にして、おどおどしてしまいました。
また、モロ見えにするきっかけが掴めないようでした。
陰毛が少しはみ出していました。
これから、エロいことするつもりなんだと感じました。
なんとか顔を上げて話せるようになりました。
寝たまま動かないで、言いなりになってました。
少し揉んでみましたが、やはり反応がないのです。
そして、5分ほど動かし続けると絶頂を迎えたのです。
反射的に動いただけで意識は無いみたいです。
天井を見上げながら、背中に爪を立てたのです。
そんな16歳がいたらやっぱり、股間に目がいきます。
M字開脚しているところを前のめりになって見たのです。
そして、両腕で体を持ち上げたのです。
視線に気づいて、巨乳を手のひらで覆いました。
エッチなものを、ようやく見つけ出すことができました。
乳首を泡で隠すのを見て快感が極まりました。
局部アップさせてくれたのだと思います。
エッチをしたい欲望を抑えられなくなりました。
そして、落ち着いたところで上半身裸になったのです。
もちろん、許されるならワレメに触れてみたかったのです。
丸見えになっていることを早めに教えてあげました。
巨乳が好きだということに気がつきました。
正面の椅子にゆっくりと座り乳首を見せたのです。
貧乳を見て上機嫌になったのです。
マンスジが見えたので、しばらくの間、じっと眺めていました。
感じているために乳首が勃起していました。
その後は、我を忘れて接写していました。
動画を見ると気分が高揚しました。
いつもこんな感じで割れ目が見えていたのです。
せっかくだから、もうちょっとじっくりとM字開脚を見ていたかったのです。
局部アップしようとした途端に、嫌そうな顔をしました。
寝転んだままの腰を浮かして桃尻を上に向けていました。
小型カメラを持つ手が震えていました。
その間、歯を食いしばりながら我慢し続けたのです。
男性もいるので、ここで着替えることを躊躇ったのです。
さすがにその激しさと、締め付けに耐えられなくなったのです。
現れた人はデブで、なんともいえない体型をしてました。
しゃがんでいたので、思わず個人撮影してしまいました。
また、胸チラしているところを見ました。
少しそのまま休んでから、勢いよく引き抜いたのです。
股間の前に顔を持っていったのです。
まんこに食い込んで痛かったので履き替えることにしました。
暇になると丸見えにしては注意を引こうとしてました。
頭が真っ白になり、ぐったりしてしまったのです。
Fカップであるかのように見せかけました。
まったく素人だというのに知ったような口をきくのです。
個人撮影していたのがばれて、あたふたしてしまったのです。
本当に申し訳ないと何度も頭を下げてました。
こんなに気持ちいいの初めてだったのです。
Eカップだと知っても、驚いたりはしません。
きちんと着る物をたたんで持って来ました。
股間に顔を近づけながら接写してみました。
ビキニを着ているというのに、まったく関心を示しません。
写真を見て発情してしまったのです。
グラマーな体が、とても眩しかったのです。
美尻を拝んだのは本当に久しぶりでした。
不覚にも、Gカップを見て感じてしまったのです。
何か一緒にいて欲しかったのです。
おまんこ食い込みを見られるのが、とても恥ずかかったのです。
割り切っていたけど、なんか嫌になってきたのです。
ジュニアアイドルを見て満足できるようになっていました。
Tバックなんて、こんな恥ずかしい格好を見られたくありません。
隠くれていたことを知られてしまったのです。
12歳の体を見て股間がはちきれそうになります。
ワレメまで、すっかり露出していたのです。
巨乳だったことに、まったく気付いていません。
いい加減な性格だから、上手く切り返すことができました。
何が何だか分からないうちに、乳首を摘まれてしまいました。
仰向けに寝ているところにそっと近付きました。
ハミ毛していることにようやく気づいたのです。
個人撮影することに魅せられました。
もちろんビキニの色を見て選んでいます。
また、鍵を閉めるのを忘れていたので開いてしまいました。
セクシーな体をしていたので、どうしても意識してしまいます。
屈んだら隙間から陰毛が見えそうでした。
すぐに脱衣所から出ていったのです。
Tバックが食い込み過ぎて、痛々しかったのです。
この際だからもっとマンスジを見せつけてやろうと思いました。
顔を思いっきり平手打ちされてしまいました。
そこからは変な空気が漂って居たたまれなくなりました。
濡れた、桃尻を一生懸命になって拭いてました。
そして、ランジェリーを取り出していました。
本当に信じられないくらい、はっきりと写真に映ってました。
もう完全に引っ込みの付かない雰囲気になりました。
ワレメの部分を中心に染み跡が残ってました。
思いっきり両腕を上げたので、おっぱいポロリしてしまったのです。
その人の前に座って盗撮する機会を窺ったのです。
また、Twitterに投稿するのは不慣れのようでした。
周りを確認しながら胸チラしているのを撮ったりしてました。
強く手首を掴まれて、とても痛い思いをしました。
少し無理してでも、Tバックを履くことにしました。
つまり、局部アップをする決心をしたのです。
そして、セックスすることを望んだのです。
エロい姿勢で座っていたので、ついつい見てしまいました。
どんな手を使って、Iカップ触るか考えました。
こちらが、止めるのも構わず巨乳に触ろうとしてました。
胸ポチしていたといっても、それほど興奮できるものじゃないのです。
手ブラで、おっぱいを隠ししている姿を見るのが好きでした。
裸をタオルで隠しているだけだと考えたら欲情してしまったのです。
個人撮影しているうちに熱が上がってきました。
久しぶりに会ったら、13歳になっていて驚きました。
明らかにグラマーだと分かる服装をしているのです。
手近なもので覆って、おっぱいを見えないようにしてました。
Tバックを履いていたため足の根元に目がいくのです。
つまり、モロ見えにさせながら歩いていたのです。
そして、食い込みを見られないように両手で押さえてました。
不思議と動けないのが快感になっていったのです。
でも、会って謝る勇気が無かったのです。
明るくて元気だったので、受けの良かったのです。
その中でも一番長く続いたほうでした。
少しでも離れたら、ワレメはまったく見えません。
Hカップを背後から揉むために足音がしないように忍びよりました。
タテスジが見えてることに、まったく気付いてなかったのです。
疲れ果て、腕に抱きつきながら眠ったのです。
また胸ポチを触りだしたのです。
やっぱりまともに目が合わせられなかったのです。
写真を撮るには根気が要ります。
胸の谷間を見て、早くも息を荒くさせてました。
まだ、着替えをしている最中でした。
局部アップする機会を逃すことはありえません。
ふざけて胸ポチを 指で突っつきあってました。
2週間がたって大分慣れてきたのです。
聞かれるまま スリーサイズを教えてあげたのです。
貧乳だったおかげで中折れしてしまうことがあります。
ワレメを見て、とても気持ちよくなりました。
胸チラを見て、それなりに刺激的な気分になりました。
誰かに知られることもなく、上手く接写できました。
シミつきになったので、すぐにシャワーで流しました。
果たして流出させることができるかのか気になりました。
それから、逆さ撮りすることになったのです。
太ももに触れたかったのです。
周りの様子を窺いながら、Dカップを揉んでみました。
タテスジを見ると、より刺激的な気分になるのです。
でも、もう少しだけ見せてと何度も頼まれたのです。
朝起きて寝ているの後ろから、そっと入れてみました。
身体をひねって露出させてしまったのです。
少し驚いたようですが受け取ってくれました。
おまんこ食い込みを眺めているだけで、それから何をするというこもありません。
そしたら、なんと15歳が手を振っていたんです。
それから、大分親しくなり信用してくれる間柄になりました。
それが終わった後に凄い自己嫌悪に陥いりました。
流出させたら興奮のあまり背中がぞくぞくしました。
紐パンツの締めつけがよくて、とても気持ちいいのです。
朝早くから用事があるので帰ることにしました。
手は休むことなく胸ポチをいじり続けました。
無料で見れそうで見えないのです。
とても可愛いビキニを着てました。
乳首を見ることによって確実に感じることができました。
マンスジを見られたのは、たぶん数分くらいだったと思います。
もちろん高画質である可能性は、そう低くはありません。
ハミ毛していることに気付いて、恥ずかしさのあまり大声を出してました。
豊かなバストを見たら気持ちが抑えられなくなったのです。
オメコ食い込みを見たら抱きしめたくなってしまったのです。
本当にエロいことをしたいわけではなく、ただを見ていたいだけです。
まるで大きなお椀形です。
これはいけそうだと思い、もう少し押してみることにしました。
後ろを向くと、やはりそこも紐だけしかなくて、足を開くと肛門が見えてしまいそうです。
美しい生脚に触れてまったのです。
まるで愛撫を待っているかのようです。
落とした物を拾おうとして、しゃがんだら巨乳が見えてしまいました。
空気を読んで、ロリ好きであることを隠していたのです。
ビキニを着ていたので、立ち止まって見入ってしまいました。
無料で見ることに気が引かれたのです。
15歳でも性欲が旺盛になります。
グラマーであることを知って衝撃を受けたのです。
足を組み直すたびにモロ見えになってしまうのです。
何を言われようとも、エッチするつもりでした。
8歳は両手で押さえて脱がされないようにしてました。
M字開脚しているところを見て、思わず口元がゆるんでしまいました。
ニーハイで開脚している太股は見るからに柔らかそうです。
丸見えになりそうになったので手で押さえました。
待ちかねたように股間に手を廻しました。
勢い余って、チューブトップのブラがずれてしまいました。
その豊満な体を確かめるよう触りました。
もし、グラマーな体を晒したら、どんな反応をするか知りたかったのです。
まるで誘っているようにジュニアアイドルは股を開きました。
あまりの大きさに声も出せないようです。
帰る時に、野外で探すのに夢中になってしまいました。
Y字開脚しているのを見て居ても立ってもいられなったのです。
身をよじらせながら、こちらを向いて割れ目を見せました。
エッチな体を保っていたことに今さらながら感激したのです。
下着のラインが出ないように気をつけてました。
それから、パンツを下げるように命じました。
アナルのしわが見えた時に、快感が体中に走ったのです。
大陰唇が見えてしまわないように体勢を変えました。
濡れてクリトリスのある部分がはっきり分かったのです。
ちょっとした弾みで、タテスジに触れてしまいました。
幼い顔をしているのに、すっかり濡れているのです。
アナルのしわが見たことを素直に喜べたのです。
どきどきしながら寝たふりをしていたのです。
余程気持ちいいのか自分から振ってました。
話によると、部屋が日差しで明るくなるまで寝ていたそうです。
わざとマンコ食い込みが見えるように足を広げました。
ぼんやりとスジマンを眺めていたら声をかけられたのです。
なぜ隠し撮りしていたのか、その理由を詳しく聞かれました。
/(-_-)\